子供の虫歯治療にオススメ歯磨き粉ランキング

子供の虫歯治療にオススメ歯磨き粉ランキング

息子が2歳になったばかりの時期に、上の前歯に白い斑点のようなものを見つけ、もしや虫歯になりかけてる!?と焦り、初めて小児歯科に通いました。
しかし2歳の息子は大の病院嫌いの暴れん坊、予防接種でも一大事なのに、歯医者なんてとんでもないことになるのでは?とひやひやしながらも受診しました。

 

案の定息子は、診察台に寝て口をあけるなんて冗談じゃない!とばかりに大暴れ。
しかし小児歯科の専門の先生がいて、小児を診る時間が決まっている歯科に行ったので、暴れる子どもにも慣れているようでなんのその。
診察台の上に立った状態でも口の中を診てくれました。

 

結果、白い斑点は特に気にしなくてよくもので、虫歯もないということで一安心しました。
しかし、逆にこんな状態では虫歯になってしまったときに、削ったりする治療ができないだろうとそっちの方が心配になり相談すると、
3ヶ月に一度のフッ素塗布を勧められ、定期的に通院することになりました。

 

しかし、同時にそのころ、「フッ素=毒?」という報道が度々されていたことで、少し心配にもありました。
その歯科の虫歯予防としてのフッ素塗布の方針は、3ヶ月に1クール、なおかつ、1クールは1週間あけて2回行うというものでした。
虫歯予防としては心強く感じますが、フッ素が本当に毒なら頻繁に塗って大丈夫なのかな?という不安もありました。
ネットで調べてみると猛毒というようなかなり怖い話も出てきました。

 

そこで思い切って先生に聞いてみることにしました。
先生の話では
「確かにフッ素は毒性のあるものだけれども、歯に塗る量は微々たるもの。ごくごく飲むわけではないので毒性は気にしなくても良い。虫歯予防効果の方がはるかにメリットがある」
ということでした。

 

そして息子の場合を考えると、虫歯になってしまった場合の治療の方が、小さい子の場合は全身麻酔を使ったりするという話だったので、その方がはるかに負担がかかりそうです。
また私自身、小さいころから虫歯に悩まされてきたので、削ったり神経を取ったり、その方が余程体全体に悪いだろうという気がします。
また口の中には金属がたくさん入っていてそれも体に良いわけはありません。
それならば、微々たるフッ素で虫歯予防をしたほうが良いと自分なりに納得し、その後3ヶ月に1クールの定期的にフッ素塗布に通い続けました。

 

2歳から通い、今7歳で歯の生え変わりの時期ですが、今まで虫歯ゼロでこれました。
そして先日学校での歯科検査で口腔状態が良いということで表彰状をいただきました。
私も主人も虫歯が多いため、体質的に歯が丈夫ということはないと思うので、フッ素塗布の効果だろうと確信しています。
歯科で暴れん坊だった息子も今では自分から診察台に上がり口をあけるようになりました。
フッ素塗布を続けてきて良かったと思うのと同時に、今度も15歳まで定期的に通うつもりです。